実は貸金業者からの借入には、年収の三分の一を超えるお金は借りることが出来ないという特別な決まりがあるのです。そして、その決まりのことを総量規制といいます。ですからサラリーマン金融や消費者金融などは貸金業者ですから、それらを利用する人は年収によって借入制限を受けることになるのです。
しかし同じ金融機関でも、たとえば信用金庫や大手都市銀行などは貸金業者ではありませんので、総量規制の対象とはなりません。ですから銀行カードローンでお金借りたいなら、貸金業者のような制限はありません。
また、貸金業者には確かに総量規制がありますが、しかし、その規制には幾つかの例外もあります。たとえば緊急的に医療費を工面するためにお金を借りたい場合や、個人事業種が事業資金を借りる場合などは規制の対象外です。それに夫婦が二人で借り入れを行う場合や、おまとめローンの場合も例外となるのです。ですから消費者金融のおまとめローンを活用したい場合なら、総量規制に引っ掛かることなく年収の三分の一を超えるお金も借りることが出来るのです。
ただし、どんなローン商品も、借りたら約束の期日までに利子を付けて返さなければならない基本は同じです。それは総量規制の対象になるローンでも、ならないローンでも、違いなどは一切ありません。むしろ年収の三分の一を超える借り入れなら高額の借り入れと言えますので、絶対に金融事故など起こさないように返済には気を付けなければなりません。